忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/28 21:09 】 |
「海のかなたに捨てに行きました。」
佐藤は、そういった。
「海のかなたにいろんなものを捨てに行ったんです。」
佐藤はテトラポットの上に立ち、僕にそう語る。
風が強い。僕がかぶっているキャップは、最近の流行のもののように深く出来てはいなかったので、今にも吹き飛ばされそうになり、僕は、その上に掌を乗せてみる。
冬なのに、海岸線の日は、海の太陽特有の強さで、僕らに照りつける。
日差しが、少しだけ眼に痛い。
「辛かったんですね。佐藤さん、とっても辛かったんですね。」
僕は、風に消されないような大きな声で、佐藤に言った。佐藤は、何も答えずに、しゃがみこんだ。
バタバタと僕らの背後にある県道沿いの旗がたなびいている。
僕は、防波堤の欄干から、テトラポットに這い出ると、佐藤の脇に立った。佐藤は、ちょっと下に顔を向かせて、僕の視線を自分の顔に向けさせないようにした。
珍しく泣いているように見えた。
「なくしちゃいけないけど、失くさなくっちゃいけないものはけっこうあるんだよ。」
「佐藤さん、大好きだったんだ。」
佐藤が、その日、海のかなたに捨てたもののすべてを僕は知らない。でも、佐藤が捨てたものは、この海の水に溶けずに、どこかでまた佐藤がやってきて、佐藤が見つけてくれるのを待っているような気がしてならない。

拍手[0回]

PR
【2011/03/26 21:24 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>