忍者ブログ
  • 2017.02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.04
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/03/23 09:12 】 |
カレハ
 弥生には最近気になる事があった。
 それは、帰り道の銀杏並木の坂の下にここ数日いる同じ高校の制服男子の事だった。その男子は、名前を小田マコトという。昨日、廊下で彼を見かけた時にクラスの男子に名前だけは聞いた。
 夏を遠く過ぎたせいか、彼の肌は抜けるように白い。
 その小田が今日で三日連続、その坂の下にいる。前の二日は、銀杏の並木を上ったり下ったりしていた。
 しかし今日は、坂の下から何かをスケッチブックに描いている。さすがに不審に思った弥生は、思い切って話しかけてみた。
「小田くんだよね? 隣のクラスの…。何してるの?」
 小田は弥生と直接目を合わせない。
「あ、絵を…」
 弥生には、その姿のどこかに小学生のような匂いが感じられた。半分しどろもどろ風な小田。弥生がスケッチブックを覗くと、銀杏並木の上に消えてしまいそうな雲という構図の絵だ。
「これ、小田くんが描いたの? うまいよね? すごいうまい」
 弥生が小田の顔を覗く。小田は、その視線を外すように道端の縁石を見る。
 弥生が、小田の手から半分奪うように取ったスケッチブックのページ一面に静かな秋の世界が広がっていた。
 次は、何が描いてある? 気になった弥生が紙に指をかけたその時、
「ダメ! 絶対ダメ!」
 小田の手が、スケッチブックを奪い返す。
「え? いいじゃん、他のもみしてよ!」
 今までの静かな小田の雰囲気とはまるで違う表情がそこにあった。それは、怒りではなくむしろ困惑の表情だった。弥生は、その小田のまなざしに自分がどうすればいいのかを見失ってしまった。
「もういいよ! またね!!」
 思い通りにならない気持ちをそのまま、弥生は口に出した。
「あ…」
 小田は、小さく肩を落とした。そんな姿も見ずに弥生は力任せにその場を後にした。静かに銀杏の葉が坂を転がり落ちた。その音が
二人の間を遠ざけていった。
<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-7006313442873781";
/* 広告 */
google_ad_slot = "2153933489";
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

拍手[0回]

PR
【2011/05/13 06:12 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>