忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/28 19:16 】 |
幸助君。
金田一幸助君を知っていますか?
と言うと、多分みんなあの有名な探偵小説を思い出すのでしょうが、この金田一幸助君は、同姓同名異字の僕の友達です。
だからそれほど有名人ではありません。
かれは子供の頃から一緒にいる友達なのです。
彼のお母さんも素敵な人でした。
例え話ではなく、実際に彼のお弁当にお母さんが入れ忘れたおかずをわざわざ学校に届けに来たりしました。
彼のお母さんは、彼が病気の日に、空の雲を見ながらあの雲がほしいと言うと、彼のために三年もかけて取りに行きました。
彼が、行きたいと願う場所へは、何処へでも連れて行きました。
だから幸助君は凄くお母さんが好きでした。
お母さんが喜ぶような事をしてあげたかった。
大人になった幸助君は、お金持ちになったらお母さんが雲を取りに行かなくても、代わりに大きな雲発生装置を作ってあげられること、おかずを作らなくても外食すれば済むこと、あと、二人がどこへ行きたくなっても行ける車や飛行機が、全部買えるということを知りました。

幸助君はそれに向かって一生懸命仕事をしました。
サプリメントも売りました。
水商売もやりました。

でも、幸助君は商人にはちょっと向いていなかった。
どんどん借金が募っていきます。
でも、幸助君は信じた。

そんな時、救いの手がやってきました。
幸助君は、もちろん話を聞きます。
「私たちの仕事をしてくれれば、幸助君の借金はチャラになるよ。しかも、それ以外に報酬も沢山あるよ。」
「よろこんで、お仕事させてください。」
幸助君は、本当に嬉しかったんです。
「幸助君、そうしたら夜のこの時間にこの道を三人の人が通る。それを全部殺してくれませんか?」
幸助君は、それにうんと首をたてに振りました。
「もちろん喜んでやらせてもらいますよ。」
幸助君は、言われたとおり言われた時間に言われた場所に立って人が来るのを待っていました。幸助君は、すこしうじゃあうじゃあと心臓がいうのを感じていましたが、それもこれもお母さんのためでした。
月のない夜でした。
人気のない道でした。
人が殺されるには十分な条件がそろっていました。
必ずお母さんが喜んでくれる。そう思って、人が来るのを待っていました。言われた時間になると、ちょうどその前を三人の人が歩いてきました。暗くて顔は見えませんが、確かに三人いたので音の出ない銃を使って、三人をちゃんと殺しました。
報告すると、お金を沢山くれました。
借金はなくなり、おかあさんにお土産も沢山買った幸助君は、よろこんで家に帰りました。家に帰るのは何週間ぶりだったのでしょうか。わかりません。
家に帰ると、なんだか家の前に沢山の人がいます。
どうしたの?と家の前にいる人に聞くと、
「幸助君、落ち着いて聞きなさい。あなたのお母さんは、夕べ、仕事の人と一緒にいるところを撃たれて死んだんだよ。」
と幸助君に教えてくれました。
ああ、そうか。撃たれて死んだんだね。
幸助君は、そのまま警察に言って今は冷たい監獄で暮らしています。
幸助君はとてもいい子なのです。
皆さんの中に知恵のある方がいらっしゃると思います。幸助君をどなたか助ける方法を知りませんか?幸助君はあれからずーっと監獄の中で、どうしたらいいのか考えあぐねているのです。

拍手[0回]

PR
【2011/03/26 21:19 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | 田中さんの話>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>