忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 10:15 】 |
さよなら人類vol.1
今夜眠れないのは、さっき飲んだお茶と夕方に仮眠したせい。それだけではないことくらい章江にはわかっていた。
明日が見えない。今日をどうにか生きている。
今日をどうにか過ごせば、明日の朝がやってきて明日の夜がやって来る。暫くのインターバルがやって来る。
どう逃げるか?
女なら簡単な筈じゃなかったっかって?虚な影に聞いてみる。
章江の前にいる影は何にも答えずにただボンヤリ佇んでいる。
かき消してもかき消しても何度でもやってくる奴だ。
いつの間にかそいつはやってきて、章江のそばに立っている。
闇のエキスを山ほど孕んで、章江の上から覆い被さろうとしてくる。
逃亡一週間目、体力も金銭的にも厳しい。マンガ喫茶で、一夜を明かすのは慣れっこになっていた。
前にいた仕事はもう辞めた。
やめたと言うよりも飛んだ。
会社の同僚からはいぶかしく思われたろうが、仕方ない。
借金取りは仕事場まで潜り込んでくる。
朝からバイトして、夜はまたマンガ喫茶へ帰る生活。
夢から夢へ渡る蝶のような生活は夢のまた夢なんだろうか。でも考えてみれば、それもまた夢の中の話。毎日が夢から覚めない。悪酔いした太陽を毎日見ている感じがする。
章江には、何だかわからない毎日をこなして行くだけのように見えた。
小さな船があるとするなら、もがいてももがいても、その船は先へ進めない、そんな船だ。
章江には、ただ、どうすることも出来ない。
時々畳に寝ている夢を見ることがある。
自分が実家の居間で仰向けで寝ていると、母が起こしに来る。柔らかな午後の光が開いた玄関口から流れ込んできている。何故だか母は、その場所から章江を起こしに来たらしい。母の香りが、母の後を追うように入り口から風に運ばれて漂ってきた。
「あきちゃん、仕事行かないでいいの?大丈夫?」
母は、章江の部屋のどこかで章江を起こしていたが、章江には居場所がわからない。
あちこち見回したが、母の姿は部屋中で見つからなかった。それでも、章江の母は部屋の中で章江を起こしている。
「あきちゃん、仕事行かなきゃ。起きなさい。」
母を探す章江。何も見えない。
そう思っていると、目が覚める。
暗いブースに章江はただ一人、ファッション雑誌をお腹に開いて乗せて、眠っていた。
時計を見るとまだ三時過ぎぐらいで、章江は、もう一度だけ眠りにつく、次に起きるのは、出勤する一時間半くらい前だ。
そしてまた起きて、また眠る。
章江は、最近ちゃんと眠った記憶がない。眠るということは、とりあえず体の疲れを取ることとしか、認識出来ない。生きるということは、寂しくつらいとしか、章江が認識出来ないように。
男たちは、結局私をなぶり者くらいにしか考えない。夢に夢見て生きられたら、素晴らしいと思って生きてみたが、だめだ。
男は私を相手にせず、いつの間にか、捨てていった。
どこかのお笑い芸人のネタではないが、章江と一回遊んだことのある男の携帯に章江が電話をすると必ず話し中になっていた。
今思えば、いい思いを出来たのは、若かったか金を持っていたか、どっちかだった。どちらも失った彼女には、夢は夢のままだ。
彼女は今夜もぼんやり考えた。「夢なんて、みるんじゃなかった」しかし、そう考えても初めから無理な話。

拍手[0回]

PR
【2011/03/26 21:22 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<< | ホーム | 手 (ちょっとえっちです。見たくない人見ないでね。)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>